ユーザーから「使いたい」と言ってもらえるロボットシステムを ―NEDOのステージゲートを通過・全方向移動自律搬送ロボット「MKR-003」を開発 村田機械 大町雅彦さん、森口智規さん

Oomachi 村田機械(株)
代表取締役社長 村田大介
〒612-8686
京都市伏見区竹田向代町136
http://www.muratec.jp/
大町雅彦 取締役 京都R&Dセンター所長(写真左)
森口智規 課長(写真右)

 「単に高度なロボットを開発しただけでは、現場で利用してもらうことにつながりません。ロボットがきちんと現場で受け入れてもらうためには、現場の人に『使いたい』という気持ちを持ってもらうことと、そのための時間が大切になると考えています」
 全方向移動自律搬送ロボット「MKR-003」のプロジェクト責任者である、村田機械の森口智規課長は、サービスロボットの実用化に向けた課題について、開口一番にそう説明する。

 MKR-003は、自動地図生成機能と自己位置認識機能を持ち、エリア内の目的地まで最適なルートを自分で判断して障害物を回避しながら移動することができる搬送ロボットである。後部に連結した台車には30kgまでの荷物を搭載することができる。また、人とすれ違う際は、音声とジェスチャーで自身の進行方向を伝えながら、全方位移動可能な車輪を用いてスムースにすれ違うことができる。慶應義塾大学、産業技術総合研究所とともに開発を進めている。
 今年2月には、「戦略的先端ロボット要素技術開発プロジェクト」(NEDO)のステージゲート(絞り込み)を通過し、後半の「ステージ2」への移行が決定した。2010年までに実用化レベルまでつくり込みを行う。

Ph1_a Ph1_b

終了:新産業の創造に挑む!関西のロボット商人(あきんど)たち
2009/04/23 14:27


«前 | メイン | 次»

コメント

コメントを見る(0)

この記事へのコメントは終了しました。