Google

最近の記事

「ロボットCGMプライムレポート」

« 第21回「プロダクトデザイナーが、ユーザーとつくり手をつなげる役目を担うと思うんです」-デザインで人とロボットとの関係性、物語を表現- | メイン | 第22回 「ロボットを大阪発祥のキラーコンテンツに、そして地域の活性化につなげたい」~ロボット×異業種を合い言葉に、ユーザー目線でロボットを提案~イーガー 黒木一成さん、山下 剛さん »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0128758187ad970c012875818ff2970c

「勝手に制御分析!あのロボットはどう動く・・・?」
プロローグ 「スパロボの世界からロボット制御工学の世界へ!」
を参照しているブログ:

» ロボットニュース【「勝手に制御分析!あのロボットはどう動く・・・?」】 (Robot.Mとの優雅な平日)
「勝手に制御分析!あのロボットはどう動く・・・?」 プロローグ 「スパロボの世界からロボット制御工学の世界へ!」 突然ですが、アナタはスーパーロボットは好きですか・・・?  おそらく、この記事をご覧いただいているということは、相当興味をお持ちだと思います...... [続きを読む]

» ロボットの制御 (気になるロボット)
今年こそは言いつつ、気が付けば1ヶ月が経ってしまいました。継続って難しいです。 さて、気を取り直して、今日はロボナブルで1月26日から開始された立命館大学 金岡克弥教授の連載を紹介します。 「勝手に制御分析!あのロボットはどう動く・・・?」 プロローグ 「スパロボの世界からロボット制御工学の世界へ!」 (ロボナブル) ロボットの制御理論というと、アームロボットを使って、構造をモデル化、難しい数式を展開していくというイメージがあります。しかし、この連載では 「本連載は、ロボット制御工学の重要さ... [続きを読む]

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

Zak

お初にお目にかかります。

以前にも先生の記事を拝見した事があって、ご活躍を気にしておりましたが、今回は大きな疑問を感じましたので、あえてここに書かせていただきます。

まず最初に大前提としてですが、先生の研究されている内容そのものには非常に興味を覚えるものがあり、先だっての記事も興味深く拝見しておりました。
また、正しい意味での姿勢制御に関するお考えも同感で、モーション技術だけのホビーロボットの動作がイマイチなのも、また実際当然でしょう。

しかしながら、先生の文章にはそういったモーション技術だけのホビーロボットをどこか見下した雰囲気が感じられ、一方的に揶揄されているように感じます。先生がお持ちの優れた技術と、市販レベルにまでブレイクダウンされたホビーロボットの技術を比較してそういった事をおっしゃるのはイカガなものかと考えます。

技術に貴賎はなく、あるのは向き不向きだと思います。せっかく素晴らしい技術をお持ちなのですから、純粋にその技術の事について解説なさる方がストレートでわかりやすくなるのではないかと思いますが、いかがでしょうか。

いつか、先生の技術を搭載したホビーロボットコントローラが、誰にでも使えるような形で店頭に並ぶ日を楽しみにしております。

乱文、失礼しました。

空手マン

「それはそれで構いませんが、筆者に言わせれば、戦う相手を見ず、型しかしないというのは、強くなる方法を間違えているのです」

空手とロボットを好むものの意見ですが、空手に限って言えば型と組手の関係は正しいですが、

・ロボットを動かしていること=型
・ロボット運動学の理論=組手

とたとえるのはどうかと。

型は基本であり理論であって、組手は基本の延長としての応用であり実践です。

組手で強い人間はは、大抵、型(基本・理論)も重視しています。

同様に、モーションプログラムで動かしている人すべてをロボット運動学の習得が不足しているようにたとえるのは、いささか乱暴かと思いました。

乱文、失礼しました。

この記事へのコメントは終了しました。